2017年8月9日水曜日

アフリカのハープ


アドゥング
adung
ウガンダのハープ。
大小さまざまなサイズのものがあり、膝の上に置いたり、大きいものでは楽器そのものの上に乗っかって演奏する。

アドゥング adung

ボロン
bolon
アフリカの西部(マリなど)で使われているハープ。
胴体を叩いてドラムのように叩くこともある。

ボロン bolon

ニャティティ
nyatiti
ケニアのハープ。足首に鈴を付けて、リズムを加えて演奏する。伝統的には男性だけが弾く楽器だったようだ。

ニャティティ nyatiti

プリュリ アーク
pliri arc
アフリカ西部で使われているハープ。
弦の同じ数だけのネックが付いているのが特徴。

プリュリ アーク pliri arc

ワンビ
wambi
ガボンやコンゴで使われているハープ。

ワンビ wambi
ハープ属の形

ハープ属の形をよくよく見ると、基本的に「L字形」をしていて、演奏する姿勢によって方向が変わっていることがわかる。
右の図は同じイラストをコピーして右へ左へクルクル回したものだ。

箜篌
箜篌は音響ボディを抱えて弾く。弦は音響ボディから下方向に向かって張られる。

サウン・ガウ
例えばサウンガウは、音響ボディが底面にある。保管する場合には安定した形だね。比較的小さなハープにこの形が多い。アフリカのハープにも、この形があったりするね。

西洋のハープ
グランドハープやイタリア、スペインなどでアルパと呼ばれている西洋のハープは音響ボディを抱えて弾くが、箜篌と比べると上下が逆だ。弦は音響ボディから上方向に向かって張られる。逆三角形で重心が高いので倒れなかちょっと不安。

現在のいわゆるハープにはもう一本支柱が存在する(右のイラストには描いてないけど)。弦を強く張るほうがいい音がでるので、だんだんと強い弦が開発され、その張力に楽器本体が耐えられるようにしたんだろうね。