2015年1月8日木曜日

アコルドリア

アコルドリア Akkordolia
アコルドリア Akkordolia
Akkordolia .... ドイツの楽器である。
カタカナ表記で アコルドリア としているが、一般に認知されてはいないようだ。ドイツ語なので、よけいにカタカナ表記は難しい。メルセデス・ベンツ も フォルクスワーゲンも、ドイツ語の発音とは違うけど、日本ではこの名称で定着していたりする。アコルドリアも変な発音なのかもしてないけれどね。

それはともかく、Akkord とは 「和音」のことであって、この楽器はメロディ演奏ができるのはもちろんであるが、ボタンを押すことで和音を出すことができるようになっている。「メロディーの弦セット」と「和音の弦セット」の二束を備えている。
何?大正琴と似ている?。
そうだね。もともとヨーロッパは(特にドイツや北欧では)木箱に複数弦を張ったチターの仲間が古くから存在し種類も多い。そのヨーロッパ流チターの仲間にボタンを取り付けたのが、このアコルドリア。たしかに大正琴とは、兄弟楽器らしく、ボタンでの操作は日本の大正琴を参考にして作られた楽器のようである。和音を鳴らすことができるというところは、さすがにヨーロッパの発想ではあるが。

ハープ属の形

ハープ属の形をよくよく見ると、基本的に「L字形」をしていて、演奏する姿勢によって方向が変わっていることがわかる。
右の図は同じイラストをコピーして右へ左へクルクル回したものだ。

箜篌
箜篌は音響ボディを抱えて弾く。弦は音響ボディから下方向に向かって張られる。

サウン・ガウ
例えばサウンガウは、音響ボディが底面にある。保管する場合には安定した形だね。比較的小さなハープにこの形が多い。アフリカのハープにも、この形があったりするね。

西洋のハープ
グランドハープやイタリア、スペインなどでアルパと呼ばれている西洋のハープは音響ボディを抱えて弾くが、箜篌と比べると上下が逆だ。弦は音響ボディから上方向に向かって張られる。逆三角形で重心が高いので倒れなかちょっと不安。

現在のいわゆるハープにはもう一本支柱が存在する(右のイラストには描いてないけど)。弦を強く張るほうがいい音がでるので、だんだんと強い弦が開発され、その張力に楽器本体が耐えられるようにしたんだろうね。